当講座では、教室形式でご自身で自ビル30年ビル経営計画を作成する実践講座です。 築古ビル経営に欠かせない賃貸・資金・工事を総合して先の結果を予測する方法を学ぶことができます。

このような方に


- これからのビル経営に不安を感じている
- 自分でビルの修繕計画を立てているが今一つわからない
- そもそも今後の賃貸が不安
- 築古ビルを承継する予定だが今後が不安
とお感じの築30年以上中小ビル経営者・後継者の方


築古ビル100年の安定経営に欠かせないビル経営計画の作成

どこのビルがリノベーションをした、大改装をしたといった大きな投資はニュースになるけれど、皆その後本当にペイできているのだろうか?


業者はいろいろ言うけれど、どこまでビルの工事をすればよいのだろうか。
自分で修繕計画を立ているけれど、今一つよくわからない。
そもそも今後の賃貸は大丈夫だろうか。

そうしたお悩みにお応えするのが、30年ビル経営計画の作成です。 お応えできる理由は、基本の基本の基本の考え方として、

「工事に経営を左右されるのではなく、安定経営ができるように工事をコントロールする」

があるからです。またそのために、

「工事費用を激減し、かつ少ない工事で賃貸効果を高める」

があります。

ビルの工事は専門性が高く、いつどのように工事をすべきかは業者が決めるものと思われがちですが、それだけでは工事に経営を左右されてしまいます。 もちろん専門業者の意見は重要ですが、同時にビル経営者は今後の賃貸方針と資金計画を持ち、 それも客観的に業者も納得できるものであって、はじめて業者もビルに合った工事を提案できるというものです。

だから業者に自ビルに合った工事を提案してもらうために、30年ビル経営計画を作成します。 30年ビル経営計画は、賃貸計画と資金計画と工事計画の総合です。計画作成を通してビル経営全体を理解し、賃貸と資金と工事を総合して先の結果を予測できるようになります。

ちなみに計画がないと、工事にお金をかけていても、どこか冴えないビルになっていきます。ビルの工事計画はできている、ビルの工事はできている、とおっしゃる方も、見た目・機能共に、より「無駄なく効果的」にビルの工事ができるようになるために、30年ビル経営計画の作成をお勧めします。

当講座では、賃貸計画、資金計画、工事計画を総合した自ビルの30年ビル経営計画を作成します。自ビル30年ビル経営計画の作成を通して地域賃貸マーケットを読んで今後の現実的な賃貸計画を検討するノウハウを学びます。更に賃料収入から無理のない30年工事予算を決め、予算の範囲で「賃貸方針に合わせ」「安定経営を維持できる」分散修繕の工事計画の考え方を学びます。30年を計画するメリットは、長期視野で工事の分散と引き算ができることです。
当講座では、エクセル式が埋め込まれたひな形を使用するので、特別なエクセル技術がなくても、すぐにビル経営の検討ができます。
更に欧州の築古ビル経営思想及び日本の最新ビル賃貸、管理、工事ノウハウを学ぶことで、ストラテジックなビル経営思考力ができるようになります。30年ビル計画作成後は、自ビルの経営方針が見えるようになることで、不動産屋や管理者、工事業者、税理士や家族を含めて、今までと比べ物にならにほど建設的に話ができ、決めることを決めて任せるところを任せられるようになることに、驚くでしょう。

当講座内容

第1回目 オリエンテーション

ビル経営計画作成の目的及び流れ、ゴールを確かめます。目標は、以下のようなビル経営計画を作成することです。

準備として、ビル経営計画作成に必要な賃貸、経営、工事経歴確認ができる資料を確認します。また竣工図等重要資料のデータ化アドバイスもしています。

第2回目 過去の工事一覧を作成する

ビルオのビル経営計画シートの工事セクションを使用し、分かる限りで過去のビル工事を工事個所別に時系列で並べ、今までの自ビルの工事パターンを見える化します。
工事履歴がない場合でも、確定申告書等から拾える場合もあります。目視・記憶も参考にできます。

第3回目 地域賃貸マーケットを理解し賃貸計画を描く

地域の賃貸マーケットを理解し、現状で今後どの程度の賃料が期待できるかを検討します。
想定より悪い場合や、リフォームをした場合の賃貸計画、必要に応じて思い切った用途変更等も検討します。

第4回目 資金計画と工事計画を作る

賃料収入から管理費用及び公租公課等を差し引いた資金計画が自動計算されます。
一方で工事計画に、今後必要とされる建物設備機能の更新工事や内装リニューアル等工事をまず仮に予定します。
全体を見て、管理費の削減や工事時期を調整しながら、30年工事予算を決めます。

第5回目 自ビルの30年ビル経営計画を仕上げる

賃貸計画、資金計画、工事計画のすべてを俯瞰して調整をしながら30年ビル経営計画を仕上げます。
30年安定経営のストラテジーを明確にします。ストラテジーは1本とは限らず、プランBプランCも検討します。原則は賃貸マーケティング志向の分散修繕でシンプルビル化に向かい、安定経営を続け30年後もテナントに選ばれるビルであることを、数字とファクトで確認をします。


講座日程

>

木曜コース

土曜コース

時間
内容
1回目
2021年
11月11日
2021年
11月13日
14:00-16:30
オリエンテーション、ビル経営概論、準備資料の確認
2回目
12月9日
12月11日
過去の工事履歴を時系列表にして確認をする
3回目
2022年
1月26日
2022年
1月28日
地域賃貸マーケットを理解して賃貸計画を作る
4回目
2月24日
2月26日
資金計画と工事計画の原案を作る
5回目
3月24日
3月26日
ブラッシュアップして、ビル経営計画をまとめる


注意事項

  • 講座ではマイクロソフトエクセルを使用して、ビル経営計画を作成します
  • 情報セキュリティーの観点からもご自身のノートパソコンをご持参ください
  • 計算式入りのビル経営計画フォーマットをご提供しますので、高度なエクセル計算力は必要ありません
  • ノートパソコンの持参及びエクセルソフト使用に問題がある方は事前にご相談をください
  • やむを得ず欠席された場合には、後ほどオンラインでご説明をいたします

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する注意

    • 新型コロナウイルス感染症が収まる気配がありません。当講座では、受講者並びに関係スタッフへの影響を考慮して各種セミナーの規模縮小開催を実施しております。 教室ではおひとりおひとりが十分な間隔が開けられるように、配慮をします。
    • 厚生労働省より新型コロナ感染症予防の注意喚起が出ている間は、咳エチケット及びマスクのご着用、セミナー会場に設置しているアルコール消毒液をご利用いただくよう、お願い申し上げます。
    • また、2週間以内に数日37.5度以上の発熱がある方、少しでも体調にご不安のある方は、恐れ入りますが、ご参加をお控えくださいますようお願い申し上げます。
    • 当日は検温を実施いたします。検温の結果37.5度以上の発熱がある方は、入室をお断りいたします。
    • ご欠席の場合は後日、オンラインでフォローアップを行います。


    講師ご紹介

     

    株式会社ビルオ 代表取締役 

    江本真弓

    中小ビル経営スペシャリスト
    20年以上英国や欧州各地の古いビルを所有している友人達との親しい付き合いを通して築古ビル維持の考え方や価値観を学びました。「日本の中小ビルも自ビルの価値を大切に、100年以上安定経営をしてほしい」という思いから、欧州の築古ビル所有者のビル経営思想及び日本の最新ビル賃貸、管理、工事ノウハウを盛り込んだビル経営計画作成講座をこの度開講します。


    講座要綱

    会場

    TKP渋谷ガーデンシティー渋谷
    東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル 

    日時

    【木曜コース】
    1回目:2021年11月18日、
    2回目:12月9日、
    3回目:2022年1月27日、
    4回目:2月24日、
    5回目:3月24日
    すべて14:00-16:30

    【土曜コース】
    1回目:2021年11月20日、
    2回目:12月11日、
    3回目:2022年1月29日、
    4回目:2月26日、
    5回目:3月26日
    すべて14:00-16:30

    講座料金

    通常 28万円(税別)
          講座開始特別 22万円(税別)

    お支払い

    受講料は、講座開始前までに一括銀行振り込みでお支払いいただきます。講座お申込み後に振込口座を、メールにてご連絡いたします。

    キャンセルポリシー

    お申込み講座をキャンセルされる場合は、お問い合わせ先にご連絡ください。
    1初回開講日3週間前までのキャンセルの場合は、キャンセル料は発生しません。
    2初回開講日3週間前以降3日前までのキャンセルの場合は、キャンセル手数料を50%を申し受けます。
    3初回開講日2日前以降にキャンセルの場合は、キャンセル手数料100%を申し受けますので、ご了承ください。
    ・当社の責による講座キャンセルの場合は、受講料を全額返金いたします。
    既に講座料金をお振込み済みの場合は、キャンセル手数料及び振込手数料を差し引いた金額を、ご指定口座にお振込みいたします。
    キャンセル料が発生する場合は講座料金を未お振込みの場合は、キャンセル1週間以内にキャンセル手数料をお振込みください。


    FAQ

    Q.

    どのくらいハードでしょうか?

    A.

    本講座は、築30年以上中小ビルの所有者/後継者を対象としており、ビルの賃貸、管理、建物設備の法定点検や設備工事について、ご自身での経験、もしくは家族が行っているのを見てきて基本的な取り組み方の知見がある方を対象としています。例えば「坪単価」という単語はわかっているものを前提としてお話をします。
    もちろん講師が丁寧に説明をし少人数制で参加者それぞれのペースでのビル経営計画作成をサポートしますから、意欲のある方はご参加いただけます。ただし全く知見がなければ、完全に机上計画にしかならないことは、ご留意ください。
    ご不安がありましたら、お気軽にご相談をください。

    Q.

    エクセルソフト使用に自信がないのですが、大丈夫でしょうか?

    A.

    エクセルソフトで作成されたビル経営計画のひな型をご提供します。 基本式は入っていますので、特別にエクセル表計算式を使いこなせる必要はありません。また講座にあたっては、基本作業に必要な基本操作はご説明をいたしますので、四則演算や表作成ができれば高度なエクセル技術がなくてもご参加いただけます。一方でエクセル表計算式を使いこなせる方は、ご自身で応用してどんどん検討をすることができます。

    Q.

    講座内で作成が終わらなかったらどうするのでしょうか?

    A.

    講座は、1回目がオリエンテーションでその後4回にわたり、ステップステップで自ビルのビル経営計画を作成します。各回すべて内容保証型です。
    もし1回の講座内でご納得ができる計画が作成できなかった場合は、時間延長もしくはその後オンライン・メール・お電話でフォローをして、次回までに仕上げられるようにします。
    また、発熱もしくはその他の事情で講座を欠席された場合にも、オンライン及びメール・電話で必ずフォローをします。