ビル所有の誇り

でもいつまで使えるのだろうか?

築40年以上中小ビル所有者のための責任ある分散修繕

 


もう古いビルの心配は不要です

築40年以上中小ビル、建替えはもう無理、売却はしたくない、リノベーションも無理、ならば、分散修繕です。分散修繕は、ヨーロッパをはじめ全世界の築50年築100年中小ビルでは ごく当たり前の方法です。 日本の全ての築40年以上中小ビルも、分散修繕の3つの力を取り入れてまだ築50年の壁を越えて100年以上持つことができます。


維持できる分散修繕計画

築年数に依存しない築古のマーケティング賃貸

経済的な給排水管・電気幹線等重要建物設備機能の更新工事

 



ビルオの支援サービス

分散修繕を取り入れて築40年以上中小ビルを長く持ち続ける。そのためのトータルサポートを提供するスペシャリストです。築40年以上中小ビルの問題は、何でもお気軽にご相談を下さい。

 

まず分散修繕で本当に自ビルが長持ちできるかどうかを確かめてみませんか?

ビルの先行きがわからない不安に

いつまで持てるのか?今後の賃貸は大丈夫か?最低どのくらいの建物設備工事費が必要なのか?
築40年以上中小ビルの30年賃貸・分散修繕診断は、築40年以上中小ビル所有者が知りたいことがわかります。賃貸・建物設備診断/30年分散修繕計画/総合コンサルティングがワンセットになっています。ぜひお勧めです。

 


築40年以上中小ビルのあらゆる問題に、「分散修繕でビルを大切に長く持ち続ける」ためのベストな解決を導きます。とにかく自ビルを大切に長く持ち続けたいと考える方はご相談ください。

空室長期化のお困り・不安に、今後賃貸方針のお悩みに

なるべくリフォーム等をせずに、賃貸を維持したい。自分で妥当な賃料水準を確かめたい。不動産屋や賃貸仲介業者と積極的に関わり賃貸を推進したい

給排水管更新・電気幹線更新等重要工事のお困り・不安に

誰に相談をしてよいかわからない、安かろう悪かろうではなく無駄や過剰を省いて経済的に工事をしたい。業者の言いなりではなく話し合いをしたい。

築古ビル所有者のあらゆるお困りに

管理を効率化したい、借入金返済負担を減らしたい。共有や資産管理会社所有だが、同意を得られないため修繕工事ができず困っている、その他

空古いビルを承継する不安とお困りに

古いビルを承継するが、まず何をどうすべきかわからない。見落としがないか不安。不動産屋や工事業者の良いなりにならずに付き合えるか不安

 





分散修繕に取り組みビル所有者の声



ビルオのミッション

築40年以上ビルの所有と責任を支える

日本のすべての中小ビルの築100年を実現する
ビルオは築40年超中小ビル所有者の分散修繕に特化した築古ビルの所有・賃貸・工事・経営を支援するプロフェッショナルです。 ビルの本来価値は目先の利益ではなく世代を超えた安定資産であり続けることです。しかし同時にビル所有者は重い責任があります。 ビルオは、様々な支援を通して築40年以上ビル所有者の責任を軽くし、日本もビルを100年以上持てるようにします。
 

ビルオの強み

お問い合わせはこちらへ

無料及び登録不要でオンラインによる対面相談ができます。お気軽にお問い合わせください。

  

ビルオニュース

2020年1月20日 【記事掲載】週刊ビル経営新聞に、新春特別寄稿記事が掲載されました。Facebookにてご覧になれます。

2019年10月 【記事掲載】週刊ビル経営新聞に、毎月1−2本ペースで連載コラムを掲載します。

2019年9月30日 【記事掲載】週刊ビル経営新聞に、コラムが掲載されました。

第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて開催しました弊社講演は、満席となりましたこと、ご参加いただきました方には心から御礼申し上げます。

2019年9月19日 【セミナー報告】第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて開催しました弊社講演は、満席となりましたこと、ご参加いただきました方には心から御礼申し上げます。

2019年9月12日 【セミナー講演のお知らせ】2019年9月19日(木)~20日(金)東京ビッグサイト西4ホールにて開催される第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて、弊社代表取締役江本が講演をします。
日時:9月19日(木)13時00分~13時50分 
セミナー会場:G会場
タイトル:中小ビルは7つのビル経営スキルで築50年の壁を越え100年へ
詳しくはこちらへ

2019年9月12日 サイトをリニューアルしました。

  • ・管理できている中小ビル