築40年以上中小ビルに新しい設備調査アプローチ

管理力がある中小ビル所有者のための簡易分散修繕計画付き

電気・給排水設備リスク調査

 

ビルオは中小ビルリスク管理の専門です。ビル100年を実現します。



築40年以上ビルの寿命を縮める電気と水のトラブルリスク

 

漏水事故が頻発して困っている
そろそろ漏水事故が心配
電気の停電事故・波及事故が心配
見積書が高額で驚いている
何度工事をしてもトラブルが再発して困っている

責任ある自ビルのリスクだから

 


築40年以上ビルリスク管理の第一歩

管理力あるビル所有者のため簡易分散修繕計画付き

電気給排水設備

リスク調査

 

 
  

1 安心:長期の安全安心安定を設計できる設備業者に相談ができます

ビルオの簡易分散修繕計画付き電気・給排水設備リスク調査は、自主管理等管理力のある中小ビル所有者が、電気・給排水のリスクと長期の安全安心安定のあり方を、長期の安全安心安定を設計できる設備業者に直接相談できるための、日本初の仕組みです。

良い設備業者に相談をしたい。しかしどうやって見つけ、どうやって相談すればよいかわからないという悩み

   

   

   

分散修繕を計画してリスク管理方針を見つけるために、まずリスクの把握が必要ではないか、と思われるのは当然です。そしてそのためにまず、良い設備業者に相談をしたい、と考えるのも当然です。ところがたとて長期の安全安心安定を設計できる設備業者であっても、リスク管理方針なしには、長期の安全安心安定を設計することができません。管理力あるビル所有者のこのジレンマを解決するのが、簡易分散修繕計画付き電気・給排水設備リスク調査です。先に簡易分散修繕計画を作成し、長期の設安全安心安定を設計できる設備業者と共有することで、設備業者は長期の安全安心安定を設計するために必要な情報を得ることができます。そこからリスク管理を始めることができます。

 

2 経済的:直接相談ができるので、高額な中間費や念のためコストを大幅に削減できます

管理力ある中小ビル所有者であれば、建設業者・管理会社にすべてお任せをして高い中間管理費を支払う必要はありません。ビルオの中小ビル分散修繕計画作成付き建物設備診断では、管理力ある中小ビル所有者がビルオと一緒に分散修繕計画を作成し、またプロジェクトに参画することで、従来建設業者・管理会社に相談をした場合に余計にかかっていた20%-50%の工事監理費等中間費/念のため過剰工事費を削減することができるようになりました。一方で格安の設備修繕業者とは違い、長期の安全安心安定維持はしっかり考えるため、長期的な安全安心安定は同等水準を維持できます。

 

3 納得:先に分散修繕計画を作成するから、リスク管理として、判断ができます.

先に分散修繕計画を作成してリスクとリスク管理方針を見える化することで、専門業者と設備の長期的な安全安心安定を話し合うことができるようになります。十分に話合えるから、今後の対応を納得して決めることができます。

 

分散修繕計画は、単に長期の設安全安心安定を設計できる設備業者が長期の設安全安心安定を設計するために必要な情報源となるのみならず、設備業者のリスクの説明及び長期の設安全安心安定のあり方についての提案に対して、ビル所有者は分散修繕計画及びリスク管理方針を共有しているため、内容を理解し、意見交換を行い、必要に応じて適切な判断を行うことができるようになります。

 

 
  

ビルは設備トラブルが頻発し重大事故のリスクが高まらない限り、使用を続けることができます。だから築40年以上ビルには、建物内の電気・給排水設備のリスク調査をお勧めします。

リスク調査の目的は、工事をすることではなく、リスク管理ができることです。
現在のインフラ設備リスクの確認は、ビルのリスク管理の第一歩です。
調査による建物設備のリスクの現状、賃貸悪化のリスク、経営リスクを統合し、分散修繕計画を検討することで、ビルの将来の建物の安全安心安定をどのように維持するかの方針がわかります。方針があることで、リスクの高い問題に対してどのように対応すべきかを、決めることができます。

ビルオの分散修繕計画付き電気・給排水設備リスク調査は、リスクを把握し、分散修繕計画で対応方針を決めるという築古ビルリスク管理の重要なプロセスを経験することができます。

 

利用者の声

築50年ビル所有者

度重なる漏水事故と停電トラブルの原因がわかり対応ができたので、テナントとの関係がよくなりました。

築44年ビル所有者

某建築会社の排水管更新見積りが高額で驚きましたが、半分をはるかに下回る金額でできることがわかり、安心しました。

築47年ビル所有者

壁の後ろの見えない電気と給排水設備が心配でしたが、当分の状態と今後の費用目処がつき安心できました。


管理力あるビル所有者のため簡易分散修繕計画付き

電気給排水設備リスク調査の流れ

 

 

注 調査の対象は、電気設備調査のみ、給排水管調査のみ、電気・給排水設備調査両方他を選択できます。

 

 

リスク調査結果は、三者で話し合うから安心です 。


管理力あるビル所有者のため簡易分散修繕計画付き

電気給排水設備リスク調査の流れ

 

 

注 調査の対象は、電気設備調査のみ、給排水管調査のみ、電気・給排水設備調査両方他を選択できます。

 

 

リスク調査結果は、三者で話し合うから安心です。徹底的に話し合いましょう。

 

  
 

  
  

ビルオならではの安心

原則固定料金だから安心です

原則固定料金です。状況により多少前後する場合は、十分にご説明をします。後から高額料金が発生することはありません。

ビル経営のプロが分散修繕計画を作成するから安心です

J-REIT等不動産アセットマネージャとして賃貸、管理、工事、経営実務経験豊富なプロが貴ビルの分散修繕計画を作成するから安心です。

技術力の高い大手設備業者につながるから安心

経験豊富な元不動産アセットマネージャが厳選した、長期の安全安心安定を設計できる技術力の高い設備業者をご紹介するから安心です。

リスク調査後の検討もフォローがあるから安心です

貴ビルの分散修繕計画を作成したプロが、リスク調査後の長期の安全安心安定のあり方についての話し合いもフォローするから安心です。必要に応じて分散修繕計画を更新します。

電気・給排水以外の相談も何でもできるから安心

他建物設備リスクの問題はもちろん、管理に関するご相談、賃貸に関するご相談、テナント等トラブルのご相談、工事マネジメントのご相談、税金・借入金問題を含めてビル経営全般のご相談もできるから安心です。(内容によっては別途有料となります。)

守秘義務があるからすべて安心して相談ができます

守秘義務に関する誓約書をビルオから差し入れます。ご相談の内容はもちろん、ご相談を受けている事実も秘匿されます。だから安心してご相談できます。



管理力あるビル所有者のための
簡易分散修繕計画付き

電気・給排水設備リスク調査料金

 

 

・ 消費税が別途かかります。
・ 基本料金には、簡易分散修繕計画の作成及び状況及びリスク調査対象の確定、状況及びご要望に合った長期的な設備の安全安心安定を設計できる設備業者のご紹介、リスク調査のサポート、調査後の安全安心安定維持方針検討のアドバイス、必要に応じて簡易分散修繕計画の更新が含まれます。
・ 調査料金は、電気のみ・給排水のみ・電気及び給排水の両方によって、及び建物規模、調査の内容等によって異なります。
・ 小規模ビルディスカウント及び複数ビルディスカウントがあります。
・ ご紹介できる設備業者に関しては、お問い合わせをいただきましたらお伝えいたします。
・ その他ご不明点はお気軽にご質問ください。

  
  

ビルオニュース

2019年10月 【記事掲載】週刊ビル経営新聞に、毎月1−2本ペースで連載コラムを掲載します。

2019年9月30日 【記事掲載】週刊ビル経営新聞に、コラムが掲載されました。

第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて開催しました弊社講演は、満席となりましたこと、ご参加いただきました方には心から御礼申し上げます。

2019年9月19日 【セミナー報告】第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて開催しました弊社講演は、満席となりましたこと、ご参加いただきました方には心から御礼申し上げます。

2019年9月12日 【セミナー講演のお知らせ】2019年9月19日(木)~20日(金)東京ビッグサイト西4ホールにて開催される第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて、弊社代表取締役江本が講演をします。
日時:9月19日(木)13時00分~13時50分 
セミナー会場:G会場
タイトル:中小ビルは7つのビル経営スキルで築50年の壁を越え100年へ
詳しくはこちらへ

2019年9月12日 サイトをリニューアルしました。