築40年超中小ビルの電気・給排水設備の相談は、

安心に、経済的に、納得できる

簡易分散修繕計画付き電気・給排水設備調査

ビルオは、管理力ある中小ビル所有者の電気給排水設備調査を通して、ビルの安全安心安定を100年維持するお手伝いをします。

築40年超ビル 高まる電気と水のトラブルリスク

 

 

管理力のある中小ビル所有者のための

 

 

簡易分散修繕計画付き  
.

 
  

1 安心:長期の安全安心安定を設計できる設備業者に相談ができます

ルの電気と水の安定供給を維持するには、ビルの電気設備・給排水設備は、長期の安全安心安定を設計できる設備業者に相談へ相談をする必要があります。しかしそのような設備業者を見つけて適切に相談をすることは難しく、従来は建設業者や管理会社を経由するのが一般的でした。ビルオの中小ビル分散修繕計画作成付き建物設備診断では、一定の管理力があるビル所有者が事前に分散修繕計画を作成することで,長期の安全安心安定を設計できる設備業者に直接相談ができるようになりました。

 

2 経済的:不要な中間費と過剰工事費用を削減し、安全安心安定は守ります

管理力ある中小ビル所有者であれば、建設業者・管理会社にすべてお任せをして高い中間管理費を支払う必要はありません。ビルオの中小ビル分散修繕計画作成付き建物設備診断では、管理力ある中小ビル所有者がビルオと一緒に分散修繕計画を作成し、またプロジェクトに参画することで、従来建設業者・管理会社に相談をした場合に余計にかかっていた20%-50%の工事監理費等中間費/念のため過剰工事費を削減することができるようになりました。一方で格安の設備修繕業者とは違い、長期の安全安心安定維持はしっかり考えるため、長期的な安全安心安定は同等水準を維持できます。

 

3 納得:納得のいく安全安心安定を実現する設備工事ができます.

電気と給排水の安全安心安定を守るためにいつどうすべきか、ビルオの中小ビル分散修繕計画作成付き建物設備診断は、先に分散修繕計画を考えることで、必要な検討が具体的にできます。工事ありきではありませんが必要に応じて、工事経験が豊富なビル経営のスペシャリストと設備のスペシャリスサポートをするので、納得ができる設備工事が見つかります。

 

 
  

築年を重ねてもテナントが安全安心安定して使い続けられるビルであるために

ビル躯体は丈夫です。外壁防水機能や電気・給排水をはじめ建物設備は経年劣化しますが、経年劣化した機能・設備を補修・更新しながらビルは100年200年と使用を続けられる建物です。

ビルの重要な機能・設備には、法定点検があるものとないものがあります。法定点検がない機能・設備の代表が、ビルの使用に欠かせない電気と水を供給する電気幹線、給排水管を含む設備です。他には看板や外壁、サッシガラスも落下リスクが高まります。

法定点検がない重要な機能・設備は耐用年数が長いものの、しかし40年を過ぎると、必ずではないものの経年劣化によるトラブルや事故を起こしテナントや人の利益と安全を脅かすリスクが高まります。従ってビル所有者が所有者責任として点検・調査を行う必要があります。築40年を超えたビル経営の重要課題が、こうしたリスクを管理し、テナントをはじめ人の安全安心安定を守ることなのです。

ここで管理力ある中小ビル所有者にとっての問題が、電気と水の安全安心安定の維持を誰にどのように相談するかです。

ビルオの中小ビル分散修繕計画作成付き建物設備診断は管理力ある中小ビル所有者の、正にそのような問題に応えるものです。

業者任せではなく、単なる工事のための調査ではなく、ビルのリスクを把握してどのようにテナントをはじめ人の安全安心安定を守るか責任を持って考えるために、まず自ら分散修繕計画を作成してビルの方針と予算を確認し、それから長期の安全安心安定を設計できる設備業者と調査結果を基に話し合い、テナントが安全安心安定して使い続けられるビルであるためのあり方を見つけます。

 

 

ビル所有者が、電気・給排水等インフラ設備について専門業者に相談をする際には、例えば次のことも十分に話し合う必要があります。

ビルの安全と安心

ビルの安全安心の維持は所有者の責任です。ただどの程度のリスクにどう対応するかは、慎重な判断が必要です。1000年に1度の地震に備える前に限られた予算で対応すべきリスクはたくさんあるでしょう。設備業者に納得できる安全安心を提案してもらうために、分散修繕計画を作成して一緒に話し合うことをお勧めします。

ビルのテナント

テナントが賃貸中のビルで、特にビルの使用に欠かせない電気・給排水の工事を行う場合には、極力テナントに迷惑をかけないために多くの配慮が必要です。これをどう配慮するかによって、工事金額が大きく変わってくるのは当然です。従ってビルのテナントにどう配慮するか、十分に話し合う必要があります。工事が前提の場合はもとより、分散修繕の計画においても予算と分割の目安を立てる上で重要です。

予算について

ビルをより安全により安心に、電気と水はより長く安全安心安定供給を、工事中は可能な限りテナントに影響を感じさせない、可能ですが当然費用に比例します。納得できる工事提案を求めるならば、先に予算について話し合うべきです。ビルの適正な建物設備更新の予算は、今後の現実的な賃料収入から確保できる範囲です。分散修繕計画で確認をすることができます。

 


簡易分散修繕計画付き

電気給排水設備調査の流れ

 

 
  

分散修繕計画のビルオならではの安心

✔︎お得な固定料金だから安心

追加料金のない固定の基本ビル経営診断料金32万円と電気/給排水設備調査費5−15万円(費用は調査内容と規模によって異なります。調査前にご相談をします。)の固定料金です。ビル経営診断と電気・給排水備の調査提案をパッケージすることで、お得な料金が実現しました。しかもそのまま工事契約のプレッシャーはありません。

✔︎ビル経営のプロが経分散修繕を計画するから安心

賃貸マーケット、ビル管理、設備工事と賃貸維持対策、ビル経営収益の特徴のすべてに精通した経験豊富なビル経営のプロフェッショナルが、現在の賃貸と建物設備の状況と不安を丁寧にお伺いして、地域賃貸マーケットの実情にあった今後の賃料収入を予測し、分散修繕の予算を検討します。賃貸方針の変更を考えている場合には、賃貸方針変更のご相談もお受けすることができます。

✔︎技術力の高い大手設備業者につながるから安心

厳選された提案力、技術力、コミュニケーション力の高い大手設備業者をご紹介します。もし先にどのような大手設備業者がご紹介可能か知りたい場合は、お問い合わせフォームにてご質問をください。

✔︎電気・給排水以外の設備等の相談もできるから安心

築40年以上ビルの重大事故やトラブルのリスクは、電気と給排水に限りません。看板、外壁、外部設置物、消防設備、機械式駐車場・・他貴ビルの全ての建物と設備の相談も対応ができます。

✔︎工事のマネジメント・トラブルの相談もできるから安心

調査後に調査会社による工事を行い、工事に関するトラブルがありましたら、いつでも無料で解決をお手伝いします。またお忙しい方や大型工事が初めての方には、工事プロジェクトのお手伝いを別途格安固定料金にてお手伝いします。

✔︎守秘義務があるから安心して相談ができる

守秘義務誓約書を差し入れます。ご相談にあたっていただきました資料やご相談内容はもとより、事前のご相談を含めたご相談を受けている事実も秘密情報として扱います。だから安心してご相談をいただけます。



料金

 

 

・ 消費税が別途かかります。
・ 調査費用はビル規模・対象・内容によって変わります。金額を指定いただいて合わせる場合と、適切な調査をご提案差し上げる場合と、いずれかのご選択もいただけます。
・ ご紹介できる設備業者に関しては、お問い合わせをいただきましたらお伝えいたします。
・ 小規模ビルディスカウント及び複数ビルディスカウントがあります。
・ その他ご不明点はお気軽にご質問ください。

お問い合わせはこちらへ

  

ビルオニュース

2019年9月30日 【記事掲載】週刊ビル経営新聞に、コラムが掲載されました。

第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて開催しました弊社講演は、満席となりましたこと、ご参加いただきました方には心から御礼申し上げます。

2019年9月19日 【セミナー報告】第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて開催しました弊社講演は、満席となりましたこと、ご参加いただきました方には心から御礼申し上げます。

2019年9月12日 【セミナー講演のお知らせ】2019年9月19日(木)~20日(金)東京ビッグサイト西4ホールにて開催される第21回不動産ソリューションフェア内セミナーにて、弊社代表取締役江本が講演をします。
日時:9月19日(木)13時00分~13時50分 
セミナー会場:G会場
タイトル:中小ビルは7つのビル経営スキルで築50年の壁を越え100年へ
詳しくはこちらへ

2019年9月12日 サイトをリニューアルしました。