中小ビル経営 7つのスキル

 

長く存続しているビルにはスキルがあります。

 

✔・ 高過ぎず安過ぎない募集賃料を決める。

 

✔・ 効果のある賃貸強化対策を選べる。

 

✔・ 設備問題と不安に対応の要否を判断できる。

 

✔・ 問題にあった専門業者を見つけられる。

 

✔・ 専門業者に良い仕事をしてもらえる。

 

✔・ 安定収益を維持できる。

 

✔・ 築年数を重ねてもビルは安定して機能し、収益資産価値は衰えない。

ビル経営7つのスキルとは

ビルを所有し管理していると、決めなければいけない場面が多数あります。ビル経営スキルは、そうした場面で合理的に選択し判断をするためのノウハウです。 1つ1つのスキルを個別に活用する事でも、十分に効果はあります。 7つのスキルを統合すると実現するビルとは、 安定収益を維持しながら、経済的に建物設備を更新し、収益資産価値を維持して、50年100年それ以上長く続く存続するビルです。 欧米や世界の中小ビルは、スキルを活用して当たり前にできています。日本の中小ビルも、築40年を過ぎたらスキルを活用してまだ50年100年それ以上長く存続できます。  

 

  築古ビル経営管理の「決める」スキル

1 ビル経営の相互影響を考えるスキル・・・・ スキル1
2 先を考えた経営判断のスキル・・・・・・・・・・ スキル2

これが最初に来る理由は、普段のビル経営管理でも使うスキルだからです。

  築古賃貸スキル

3 自ビルの収益資産価値を理解するスキル・・・ スキル3
4 自ビルの募集賃料を決めるスキル・・・・・・ スキル5

自ビルの収益資産価値を生かし、その価値に見合った賃料収入を得られるために、自ら評価するスキルです。

  築古建物設備スキルと工事スキル

5 自ビル建物設備課題の優先順位をつけるスキル・ スキル5
7 自ビルの大型工事を成功させるスキル・・・・・ スキル7

こちらもあちらも問題だらけの築古ビルで、ではどのように優先順位をつけることができるのかのスキルです。そして良い業者を見つけて納得のできる工事をしてもらうスキルです。

  築古ビル経営計画スキル

6 自ビルの自立した分散修繕計画を立てるスキル・ スキル6

今後の賃料収入をどのように見込むかによって、収益資産価値維持に使える予算が異なりできることが異なります。その結果がまた賃料収入に反映します。計画があることではなく、このサイクルがイメージできることが大切なのです。