日本の中小ビル100年時代を作る築40年以上中小ビル所有者支援のスペシャリスト

ビルオ会社案内


日本のすべての中小ビルの築100年を実現し、本物のサステナブルな日本を作ります。

SDGsの時代です。日本の存続もビルのスクラップアンドビルドから維持の実現にかかっています。必要なのは新しい建築技術だけではなく、 ビル所有者が築年を重ねたビルに誇りと責任を持って維持できることです。ビルオはそのために維持管理ノウハウの開発と建物設備調査工事費用の十分の1を実現します。 そしてビル所有者に貢献し、街に貢献し、社会に貢献し、日本の未来に貢献します。

株式会社ビルオ
代表取締役  江本 真弓


創業への道

「リフォーム?バリューアップ? さっすがお金持ち日本人は言うことが違うわね!!」

江本が日本の中小ビル100年の実現に取り組みはじめたきっかけは、イギリス人やフランス人、ドイツ人の古いビルを所有して建物設備修繕に苦労している友人たちに、日本人の感覚で気軽に建替えやバリューアップを口にして、「お金持ちの日本人は言う事が違うわね」と強い嫌味を言われた事です。他の国の友人たちも同意しているようでしたが、なぜそのような嫌味を言われるのか全くわかりませんでした。 江本はロンドン大学King’sCollegeの物理科を卒業後、日本に帰国して就職をしました。 既にインターネット時代で大学時代に親しかったイギリス人をはじめ世界各国からの留学生の友人たちと、 メールで学生時代と変わらずに率直なお喋りを続け、頻繁に行き来もしています。 大学を卒業して数年も経つと、イギリスやヨーロッパをはじめとする世界各国の友人たちの多くが、 家の資産だったり自分で取得したフラットだったり、 気がつくと古い建物の建物設備機能の修理や更新等に大忙しです。皆まだ20代の女性にも関わらず、 それも、ボイラーの交換、セントラルヒーティングの交換、排水ポンプの交換や屋根の修繕や外壁塗装、または自らDIYで内装をガラリと変えたり、 全て本格的です。だからつい、聞いてしまいました。どうして建替えないのか?どうせならリフォーム業者に頼んでバリューアップをしないのか?と。 すると友人たちに、「お金持ちの日本人は言うことが違う」と嫌味を言われたのです。
なぜだか、わかりますでしょうか? 私はわかりませんでした。だからJ-REITの不動産アセットマネージャとなり、自分でも色々試してみました。
そして理解するようになりました。 ビルとは、丈夫な躯体を生かし、建物設備や内装を時代に合わせて更新続けて長く使うものであること。 長く使用収益できることにその本質的価値があること。そしてイギリスでもヨーロッパでも世界のどの国のどこの街でも、景気や繁栄の波がある中で良い時代に ビルを建て街を整備し、悪い時代には良い時代の遺産を守って生き延びまた次の良い時代に発展することを繰り返して存続していることを深く理解しました。 そこで振り返って我が日本を見ると、ビル建造物の建築技術は習得しましたが、大資本ではない普通の中小ビル所有者がビルを長く持つ持ち方については、 まだ取り入れられていないようです。しかし日本も既に人口減少基調に入り、今後は繁栄の谷に向かうことは明らかです。 そこで、これからの厳しい時代を日本がサバイバルできるべく、日本の中小ビル100年の実現へ取り組むべくビルオを創業しました。




.


会社概要

会社名 株式会社ビルオ
代表取締役 江本 真弓
事業内容 中小ビル経営コンサルティング ビルオの運営
所在地 東京都渋谷区渋谷2−2−17 3F
設立 2015年11月




.