ビル・マンションを100年以上使うものに

 

鉄筋コンクリート造ビル・マンションの寿命はたった40年や60年ではありません。建物躯体は100年以上持ちます。40年で老朽化するのは、建物設備機能です。人口も経済も増大した昭和なら、設備改修するより、より大きな建物に建替えれば価値が増大したでしょう。しかし、人口が減少し社会経済の先行きが不透明なこれからの日本では、需要の増大は見込めず、建替えのリスクはあまりに高すぎます。ビル・マンション建物設備の延命更新は適切にに行えは、修繕積立金制度がなく、建物使用中であっても、無理なくできます。ビルオは、中小ビル・マンションが無理なく建物設備の延命更新ができるためのお手伝いをします。そして日本に従来なかった、中小ビル・マンションを100年以上持つためのノウハウ・サービスを確立します。

無理なく建物設備・機能に向き合えるために

ビル・マンションを長く持たせるために、新しく特別な建築技術や管理修繕技術は必要ありません。高額なリノベーションや大規模修繕も必要ありません。建物を長く使うために欠かせないのは、建物使用に欠かせない建物設備機能を維持することです。 欧米をはじめ世界では、古い建物を修繕しながら長く使い続けることは、ごく当たり前のことです。必要以上にお金をかけることなく、無理なく適時、建物設備の延命更新を行い、時代と共に機能を進化させ、建物を使える状態に維持続けています。ビルオは、日本でもこのあり方を実現します。

公平、公正、縁の下の力持ち

 

ビル・マンションに関わる不動産業界、建設業界は、不透明でわかりにくい事情が数多くありますが、ビルオは従来業界慣習に囚われず、ビル・マンション所有者及び建物設備の延命更新を担う各設備業者、その他ビル経営マンション経営に関わる全ての関係者に対して、常に公平公正な立場で、適切な仕事に対する適正な報酬で長期的な発展関係が維持できるべく縁の下の力持ちとして、皆様の長期発展を支えます。

創業者

代表取締役 江本 真弓

元日本のJ-REIT不動産アセットマネージャとして、欧州手法でで日本の中小ビル・マンション200棟以上の経営を改善。バリューアップが難しい築古中小ビル・マンションに、分散修繕手法による建物設備の延命更新を行い、リーシングを成功させて無理なく長期収益安定を数多く実現した。1995年ロンドン大学King’sCollege物理科卒業。英独仏の資産家友人達の、所有する築古建物の修繕取り組みを20年以上見続けて、古い建物の持ち方を理解する。2015年ビルオを設立。2015年ビルオを設立。

分散修繕への道

私たち日本人は、建物について一体何を知らないのだろうか?

江本はロンドン大学King's College物理学科を卒業して日本に帰国後も、インターネット時代のお陰で、これまた世界中に散らばったイギリス人のみならず、ドイツ人、フランス人を初め多様な国の友人たちと、相変わらず毎日のようにメールで会話を続けていました。

4-5年すると、友人たちの話題の多くが、家の資産や自分で取得したフラットの、建物や設備の修繕工事の話です。

何しろ、1970年代築でモダン、築数百年も珍しくありません。ボイラー交換、外壁塗装、排水ポンプ交換、セントラルヒーティングの配管交換、給水管交換、サッシ交換、原因不明の漏水対策・・、20代の女性達が、業者を探し、依頼し、仕事をしてもらうのだから、確かに大変で話は尽きません。

一方で日本人の私は驚きました。日本人の感覚で、リフォーム会社に任せれば?管理会社を雇えば?せっかくだからバリューアップか建替えないの?と聞くと、そんなお金ないわよ。と一笑に付されます。「さすが、お金持ちの日本人。言うことが違うね」と、嫌味を言われます。そうした彼らの反応をみるにつれ、冒頭の疑問が湧いてきたのでした。一体彼らは、なぜどうして、設備工事をしているのか?

その後、欧州の友人達の建物設備工事の取り組みをより注意深く見守り、かつ自らも日本でのJ-REITの不動産アセットマネージャとして、日本全国200棟以上のビル・マンションを担当するようになりました。



日本の建物は欧米と比べても、建物躯体は十分に頑丈です。設備も信頼できます。バリューアップ効果がある建物は立地条件が限られています。しかしそのような投資を行わずとも、欧州の友人達を見習い、収支の許す範囲で必要に応じて老朽化建物設備の延命更新を行えば、古くとも問題なく使用できます。適時手が入る建物は、お金をかけずともボロくはなならず、個性を生かすことでテナントに選ばれ賃料収入も安定します。

結局のところ、鉄筋コンクリート造ビル・マンションという建物は、日本も欧州も世界のどの国も変わりません。日本だけ、建物寿命が短いことは、決してありません。

友人達を訪ねて欧州の様々な街を訪れると、どの街も景気の良い時代にインフラを整備し建物を建て、長く続く良くない時代は、良い時代の資産を維持しながらサバイバルしていることが良くわかります。その積み重ねが街の個性なのです。

日本では、高度経済成長期からバブル時代に多くの中小ビル・マンションが建ちました。すでに築30年-50年超です。そして昭和の「良い時代」は既に過ぎています。

現在の日本に必要なのは、現在既に築30年-50年超の中小ビル・マンションが、欧米や世界同様に無理なく建物設備の延命更新を行い、老朽化、スラム化、廃墟化させる異なく使い続けられることです。それは個人の資産維持のみならず、街の維持、社会の維持、本物のサステナビリティです。それは、無理なく建物設備機能維持ができるだけで、実現できることです。そのために欠かせない中小ビル・マンションの分散修繕を確立すべく、ビルオを設立しました。

会社情報

会社名: 株式会社ビルオ

代表取締役: 江本 真弓

設立: 平成27年11月

事業内容: builoの開発及び運用、
コンサルティング

電話: 03-6869-9407

メール: info@builo.jp

住所: 東京都渋谷区渋谷1丁目17-1 
TOC第二ビル3F