中小ビル・マンションは分散修繕;ビルオは、築30年以上中小ビル・マンションの分散修繕サイトです

鉄筋コンクリート造ビル・マンションは100年以上使えますが、電気・給排水等の建物設備が、早くに劣化するため建物が築30年を超えると、建物設備の延命更新が重要な課題になります。ビルオは、設備老朽化が気になりだす築30年以上中小ビル・マンション一棟所有者が、分散修繕で無理なく適切に建物設備延命更新に取り組み、大切なビル・マンションを長く生かし続けるための情報とサポートをご提供しています。

築30年以上の中小ビル・マンション所 有者様のこのようなお悩みに

建物がいつまで持つか不安
今後の修繕費がどのくらいかかるのか不安
高額な修繕工事は無理

ビル・マンションの分散修繕とは何ですか?

大規模修繕が一度にまとめて延命更新工事を行うのに対して、分散修繕は、延命更新等が必要な対象のみを必要なタイミングで小さく分散して延命更新を行う、世界では標準的な方法です。分散修繕は、1回の工事規模が小さく資金と工事の負担が軽いため、修繕積立金制度がなく建物管理会社等の入っていない中小ビル・マンション一棟所有者が、無理なく使用中建物の電気・給排水等建物設備の延命・更新に取り組むのに適しています。

建物の何を分散修繕するのですか?

劣化、老朽化、機能不足・・・修繕では解決できない建物設備の問題を根本解決する延命更新のソリューションに取り組みます。

Card image cap
電気設備

停電・漏電火災は重大事故です。電気幹線、照明器具、コンセントに至るまで、更新が必要です。

  • 電気幹線を更新し、電気容量も増加する。
  • 老朽化照明器具を更新しLED化する。
  • キュービクルを更新する。
Card image cap
給排水管・設備

水と、赤水、水質劣化いずれも使用者に直接影響します。 必ず根本解決が必要です。

  • 給水管/排水管をライニング延命する。
  • 給水管/排水管を順次更新する。
  • スラブ下配管の入居中更新を検討する。
  • 給水管の赤水を解決する。
  • 屋上給水タンクを廃止し直結増圧式給水に変更する。
Card image cap
空調設備

真夏・真冬の空調トラブルに緊急更新で過剰コスト、を避け、無駄のない投資でテナント満足効果を得るには計画が必要です。

  • 業務用エアコン更新にあたり馬力・機能を 見直す。
  • 全館空調から個別空調に切り替える。
  • 省エネ補助金等活用を検討する。
  • 屋上給水タンクを廃止し直結増圧式給水に変更する。
Card image cap
エレベータ

部品保存期間終了の通知は、エレベータ会社と過剰機能とメンテナンス契約の見直し機会です。 大幅コストダウンができる重要機会です。

  • メーカーから部品供給停止通知を受けた。 対応を検討する。
  • 最低限機能で安全低コストにリニューアル をする。
外壁・屋上

多様な業者が多い分野です。目的に合った業者の選考及び漏れのない重要ポイントの確認が必須です。

  • 外壁を補修、防水保護、再塗装して美観を向上し 延命する。
  • 外壁・屋上の漏水を解決する。
  • 長期保証が確かな屋上防水工事をする。
Card image cap
その他

建物の消防・防災・安全のあり方も、事故リスクを避けながら時代に合ったソリューションへの変化が必要です。

  • 建物の消防対策・災害対策を見直す。
  • 建物のセキュリティーを見直す。
  • 建物全体の防犯対策を見直す。
  • 耐震補強・制震対策を検討する。
  • 看板・機械式駐車場等を見直す

分散修繕計画とは何ですか?

分散修繕は、建物が存続する限り続きます。例えば電気幹線の交換、給排水管の更新・・、いずれもソリューションは多数あります。現在使用中の建物で資金的に無理なく、無駄なく適切なタイミングで必要な建物設備延命更新ソリューションの選択を続けるためには、十分な検討の時間と建物としてのあり方及び予算の方針が必要です。分散修繕計画はそれらを計画するためのフレームです。

分散修繕計画はどのように計画するのですか?

分散修繕をいつどのように行うか、決めるのは所有者です。無理なく分散修繕を続けるためには、無理のない資金計画が欠かせません。そして予算が、ソリューション決定の重要な要素だからです。ビルオでは、まずこれから30年の分散修繕計画をお勧めします。

30年の資金を計画

一部にお金をかけすぎ、重大な工事を前に資金が尽きては大変です。適切な時期とソリューションの選択は、まず今後30年で建物設備延命更新工事に使える資金を時間軸で計画します。年間100万円確保できれば、30年で3000万円の予算が確保できます。

必要なソリューションを確認

必ずしも全ての建物設備の延命・更新が必要とは限りませんが、すでに排水管から漏水事故があった等の問題があるもの、40年をすぎると保守部品終了の恐れがあるエレベータ、建物の形状から耐震性の不安がある等今後延命・更新が必要となる建物設備、また機能不足・今後アップデートしたい対象を、全て列挙します。

ソリューションの時期と予算配分を検討

給排水、電気、防水等の建物にとって重要な機能設備、またエレベータ等の時期が予測されるものから、今後30年で必要になると思われるソリューションの時期と予算を割り当てます。最初は実際にいくらかかるか、ではなく建物全体のバランスを見ていくらかけられるかを、考慮します。

問題に対するソリューションの選択肢は多数あります。予算と事情によってベストなソリューションは異なります。はじめに予算の目安があることで、専門業者はその予算でのベストなソリューションを提案することができます。

建物設備ソリューション提案力のある専門業者に相談をする

普段漏水事故で緊急修繕をしてくれる水道屋が、使用中建物の排水管更新工事に十分な知見と経験があるとは限りません。ソリューションの相談は、該当ソリューションについて十分な知見と経験をもち、かつ所有者にとってのベストを考えてくれる専門業者を探し求める必要があります。相談の結果どうしても予算が足りない場合は、予算を見直す方法と、さらに小さな工事に分散させる方法があります。外壁修繕も、落下事故の恐れがありかつ予算が難しければ、必要な面のみを修繕すれば良いのです。

分散修繕計画で何がわかるのですか?

分散修繕計画を立てることで、まだ無理なくご所有ビル・マンションを持ち続けられることがわかります。そのためにいつ頃どのくらいの資金を準備すべきか、いつ頃何の延命更新ソリューションを検討すべきかが、わかります。これからの時代の築30年以上中小ビル・マンションは、相続税対策に加えて分散修繕計画を持つことで、価値あるビル・マンションはが確かに承継され、その価値が生き続けます。

ビルオの分散修繕お手伝い

ビルオは中小ビル・マンション分散修繕計画のアドバイス・助言を格安でご提供しています。お気軽にお問い合わせください。

ダウンロード
オンライン・アドバイス
対面アドバイス
無料
30,000円
/ 1時間(税抜)
70,000円
/ 1.5時間(税抜)
ビルオダウンロードセンターから資料をダウンロードできます。 オンラインでご一緒に計画作成・アドバイスを行います。 直接対面でご一緒に計画作成・アドバイス・コンサルティングを行います。
  • 分散修繕及び分散修繕計画のガイド
  • 分散修繕計画エクセルシート(ご自身で計 画ができます)
  • 分散修繕計画エクセルシートを用いて分散 修繕計画作成をお手伝い・アドバイスしま す。
  • 顔出し無し・匿名で資料作成画面を共有し てお話することもできます。
  • 分散修繕計画エクセルシートを用いて 分散修繕計画作成をお手伝い・アド バイスします。カスタマイズもできます。
  • お近くの貸し会議室等で行うこともできま す。
  • 交通費実費ご請求。渋谷当社事務所なら1万円引き
延長 / 2回目
20,000円 / 1 時間
延長 / 2回目
30,000-/ 1 時間

匿名でもご相談をお受けします。オンラインの場合は、顔を出さないで資料画面を共有してお話をしながら作成することもできます。築古中小ビル・マンションを持ち続ける上で欠かせない今後の賃料収入動向の検討・費用削減可能箇所の検討、相続対策と合わせて、分散修繕をご一緒に計画、アドバイスを行います。お気軽にお問い合わせください!

分散修繕計画はいつ誰が作成すべきですか?

築30年以上の中小ビル・マンション所有者は、早めに分散修繕計画を作成すべきです。建物設備の劣化は日々進行します。早く余裕がある間に分散修繕計画を検討する程、資金計画及び適切なソリューションの検討に十分な時間をかけることができます。分散修繕計画は、相続対策の一部です。相続対策に加えて分散修繕計画があることで、建物は承継後も分散修繕が続けられ、その使用価値を維持して存続続けることができます。

建物設備の延命更新に取り組む ビルオーナーの声