中小ビル・マンションは
分散修繕

延命更新が必要な設備のみ対応

建物設備の寿命は、それぞれの建物設備で違います。同じ排水管でも、漏水頻発箇所は限られます。必要な設備・部分のみ対応する方が無駄がありません。

3大きすぎない工事規模が経済的

時間をかけて十分にソリューションを検討準備し、見積書の確認もできる範囲の工事規模が、結果的に無駄がなく失敗リスクも軽減します。

30年かけて分散すれば十分

総合的に30年に分散して建物を一通りリフレッシュすると考えれば、無理はありません。