大切なのは無理が
ないことです

建物設備の延命更新は計画的に行う

問題対処の緊急修繕と違い、問題の原因を根本解決する建物設備の延命更新は、時期を所有者が決めて、計画的に行うことができます。

大切なのは資金の無理がないこと/h2>

途中で資金不足のために必要な対応ができなくなれば、終わりです。資金的に無理のない延命更新の計画が欠かせません。

所有者にもテナントにも無理がないこと

建物設備の延命更新のような重要工事は、時間と気力が必要です。都合の悪い時期は避けるべきです。またテナントに極力迷惑をかけないことも重要です。