分散修繕は
予算とニーズを計画します

分散修繕1:予算を計画する

まずは予算ありきです。今後30年の建物設備延命更新に使える予算を時系列で把握しましょう。

分散修繕2:延命更新対象を把握する

建物の中で今後30年で延命更新が必要な対象を全てリストしましょう。老朽化だけでなく新しいニーズも含めます。

分散修繕3:優先順位とグレードを調整

予算をの配分を計画します。優先順位づけと延命更新グレードを調整して、いつ何ができるかを検討します。