分散修繕は
建物を老朽化させません

まだ使えれば修繕、寿命・機能不足なら分散修繕

分散修繕は、老朽化、機能不足、新機能が必要な設備に対して行います。

設備の老朽化を放置しなければ、建物老朽化は進行しません

建物の老朽化部分は、そこで生まれ変わります。だから建物老朽化は進行しません。

分散修繕は、建物が古くなっても一定レベルで安定します

新旧様々な状態の建物設備が混在しながら、建物は一定レベルで100年以上続きます。