30年に分散すれば
無理はありません

築30年から30年で一通り延命・更新ができれば十分です

例えば年間100万円予算で30年で3000万円分。これを必要なところから分散して延命更新できます。

築40年からでも遅くありません

建物の状態と設備寿命は建物によって異なります。予算と状態に合わせて分散修繕に取り組めます。

分散修繕は経済的に無理がない

分散修繕は、予算を無理なく調整できます。また規模が小さいから水増し工事や中間フィーも排除できます。