修繕では限界があります

保守点検の目的は、短命化を防ぐこと

保守点検は、劣化の予兆を見つけます。早めに修繕してトラブルを防ぎます。

修繕では、寿命は延びない

修繕は建物設備の寿命を全うさせます。しかし寿命を延ばすことは出来ません。

時代の要求も変化します

電気容量が足りない、給水タンクは避ける、消防・セキュリティ機能・・、時代の要求は変化します。