中小ビル築50年の壁とは

 

1 重大事故のリスク

築50年前後ビルの最大の問題は、第三者に大きな危害や損害を与える重大事故のリスクが高まることです。

旧耐震基準建築建物の倒壊リスクは、個々ビルの構造、地盤、立地によって異なりますが、対策をしていない築50年前後ビルは、高圧受電の電気波及事故、漏電火災、外壁及び外壁付着物の落下事故等重大事故のリスクが確実に高まります。

 

2 設備機能劣化のトラブル

築50年前後ビルは、度重なる漏水事故、雨漏り、停電、エレベータ停止、空調停止等ビルの使用に欠かせない設備や機能が、経年劣化によるトラブル増加します。

テナントの苦情が増えて賃料の減額を要請されたり、いずれは怒って退去してしまう結果になります。

 

3 賃貸の不安

そうでなくとも築50年前後の築古物件では、簡単にテナントは決まりません。

決まっても賃料が大きく下がったりしないでしょうか。テナントを入れるために高額のリフォームが必要になったりしないでしょうか。

 

4 維持費用の不安

賃料収入が減少するのに建物設備工事費用は増加する。高額な固定資産税や相続税がかかる。

ではビルの維持には限界があります。このままでは修繕費用や必要経費を払うと赤字になるのではという不安こそが、中小ビルの本当の築50年の壁です。

ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 ビルオは、分散修繕及び適切なビル経営スキルを通して、中小ビルが築50年の壁を越えて自立したサイクルを確立するお手伝いをしています。

 

これらは全て築50年の壁です。

ビルの躯体は100年以上使えます。しかし築50年前後になると、建物設備、賃貸、経営全てに問題が増えて築50年の壁として立ちはだかります。それぞれバラバラに対応していては、ビルを維持続けるのはあまりに難しく見えてしまいます。

分散修繕は、ビルの今後の賃貸、予算、建物設備機能更新を統合して、それぞれにバランスの良い対応を見つけます。バランスのとれた裏付けがあることで、経済的な建物設備更新ができるようになります。でもそれは分散修繕のごく1面です。

サービスのご案内

 

築40年超中小ビルの

 

築40年超中小ビルの

 

築40年超中小ビルの