躯体と設備と経営を混同してはいけない

結局ビルの寿命は40年か?

日本では鉄筋コンクリート造ビル・マンションの寿命は40年60年と言われます。

躯体寿命と設備寿命、賃貸難度と経営難度 

しかし躯体寿命は100年以上です。40年は設備寿命増加及び賃貸・経営難度の上昇時期です。

混同を解消すれば見える本当のビル寿命

躯体寿命と設備寿命、賃貸難度、経営難度体を混同してはいけません。落ち着いて考えればビル・マンションの寿命はもっと長いことがわかるでしょう。