中小ビルの所有スキル

ビル所有のスキルとは、不動産屋や工事業者を上手に選び、上手に仕事をしてもらうためのコミュニケーションスキルです。

szdfzsdfjszdlfkjshdlkfjsdlf

ビル所有のスキルとは

ビル所有のスキルとは、不動産屋や工事業者を上手に選び、上手に仕事をしてもらうためのコミュニケーションスキルです。
ビルを長く持つためには、ビル所有スキルが必須です。ビルの所有が単なる一時的な不動産投資で終わるか、本物の資産家となるかは、このビル所有スキルの有無で決まります。
今まで日本で古いビル所有が難しいと考えられていた理由が、ビル所有スキルがなかったことが原因です。
ビル所有では、ビルが新しい間は、お任せでもフィーを支払えば不動産屋がテナントを入居させ工事業者も工事をしてくれますが、依存して相手に任せっきりでは、相手の利益に傾くのは当然です。 そして少し賃料収入が減少すれば、誰も提案をしてくれないのも当然です。かといって専門業者相手に無闇やたらに口を出して、動いてもらえるものでもありません。これでは賃料が減少する築古が持ちきれないのは当然でしょう。

これに対してビル所有者は、正しいビル所有スキルを持つことで、外部の業者に依存するのではなく、対等なビジネス関係を主体的に構築することができます。されるお得だの関係ではなく、共に長く共栄するビジネスパートナーとなることができます。
正しいビル所有スキルを持つことで、自ビルの資産価値を正しく理解し、自ビルの資産価値を生かして賃貸を長く続けるために必要な仕事を、適切な専門業者に依頼してやってもらえるようになります。
こうした一定のビル所有スキルが身につけば、古いビルを長く維持することは特別難しいことではないと分かります。もし古いビルの今後に不安がありましたら、是非ビル所有スキルを磨いてください。ある程度ビルの所有管理ができている方であれば、特に難しいことはありません。

 


ビル所有スキルと分散修繕計画の関係

築古ビルを長く持つための分散修繕の計画では、ビル所有スキルはもちろん必須です。 今後どのように賃貸ができ、どのように設備工事ができるかは、ビル所有者のビル所有スキ次第だからです。 とはいえビル所有スキルがなければ分散修繕計画が立てられないのではなく、 分散修繕計画を立てて、将来必要な時に備えてビル所有スキルを向上させていくことができます。 スキルは即席で身に付くものではありませんが、時間をかければ誰も上達します。


7つのビル所有スキル

 

詳しくは順次公開していきます。