築40年以上中小ビルの

ビル所有スキル

築50年の壁越えには築古向けビル所有のスキルへのアップデートもお忘れなく

ビル所有のスキル


築古向けビル所有スキルへのアップデートもお忘れなく

ビル所有スキルとは、賃貸や管理や工事を上手く成功させる基本的な「考え方」と「方法論」です。あらゆる商売ビジネスに特有のスキルがあるように、ビルの所有にも合理的なスキルがあります。一般に築古賃貸は難しいと言われるように、築浅時代と築古バリアを乗り越える築40年以上とではビル所有スキルが違ってきます。ビルが築40年を過ぎたら築古向けビル所有スキルにアップデートが必要です。 ビル所有スキルは、大きく分類をすると共通の基礎スキル、賃貸のスキル、工事のスキルの3つがあります。

 

 

共通の基礎スキル

ビビルを長く持つためには、賃貸や管理や工事すべてにおいて、次の3つが考えられている必要があります。

・単独ではなくそれぞれ及び収支を関連づけて考える。
・長期的に収益が維持できるように考える。
・ビルの本質的な資産価値を大切にして生かす。

ビルを長く持つためには、目先の問題解決に囚われて長期的に不利益になることをしないことが大事なのです。

 

 

賃貸のスキル

ビルの貸室賃貸も、他の商売と何ら変わりません。まず地域の賃貸マーケットがあり賃料相場があります。その中で自物件のポジションがあります。自物件選ぶ可能性があるターゲットテナントがいます。そのターゲットテナントを共有するライバル物件がいます。まず賃貸のスキルとしてこれらが見えるようになることは、ビジネスの基本です。

賃貸のテナント募集では、自物件に合った不動産屋を選ぶスキルも重要です。不動産屋は営業代理人です。自物件選ぶ可能性があるターゲットテナントに強い不動産屋に、、自物件の強みを適切に知ってもらうことで、営業効率を向上します。

 

 

工事のスキル

ビルを所有している以上、工事のスキルは必須です。いつまでも見積書の総額で決めるだとか、わからないからとりあえず相見積りで安いところに決めただとかでは、安かろう悪かろう工事ばかりで何度工事をしても問題が解決できない、どこが良いかわからないから結局建設業者の高額な改修工事になったとなるのは当然です。 具体的には、次の2つのスキルがあります。

・工事内容に合わせて適切な設備業者を選ぶ方法
・設備業者に上手に相談をして良い提案を引き出す方法

を身に付けると、大きな工事のストレスがずっと軽くなります。

 

 

ビル所有スキルの向上のご質問・お問い合わせはこちらへ。

サービスのご案内

 

築40年超中小ビルの

 

築40年超中小ビルの

 

築40年超中小ビルの