堅実な築40年以上中小ビル所有者のための

分散修繕コンサルティング

築40年以上中小ビルに次から次へと降りかかる様々な難題を、解決して、分散修繕によるビル存続を実現します。。

ビルオを活用してリスクと課題を解決する

 

ビルオでは、分散修繕のための電気・給排水調査をご利用の方に、継続的にリスクを確認して分散修繕計画見直します。また必要に時には計画分散修繕工事及び突発的なトラブル解決を支援します。

□料金の目安

・ 全て税別です。
・分散修繕のための電気給排水等調査をご利用の方のみがお申し込みできます。 
・小規模ビル、複数棟、複雑なビルに関しては別途お見積をご提示します。
・具体的な工事支援その他問題解決は別途有償です。ただし定期コンサルティングをご利用の方は、30%ディスカウントがあります。

ビル所有スキルと分散修繕計画力を高める

 

□このようなビル所有者・後継者に

資産管理会社の経営者として事業管理力を高めたい 

□分散修繕コンサルティングでは

令和の厳しい時代のビル経営は、人口が多く需要が高く、建物も築浅だった平成時代とは比較にならないほど高いレベルで行える必要があります。いつまでも建替えに逃げることはできません。令和の時代のビル資産を収益源とするビル資産管理会社の存続は、ビル所有スキルにかかっています。

中小ビル所有と経営は、世界及び日本の大手不動産会社や不動産ファンドでは、既に確立されたノウハウがあります。 ビル所有と経営のように地域の全てのビルが同じマーケットで戦うビジネスでは、こうした確立されたノウハウを取り入れないデメリットはあれども、メリットは何もありません。 令和の中小ビル資産所有者は、分散修繕とビル所有スキルを高めて、ビル資産を長く維持して事業継続を確かなものにします。

   

令和の中小ビル資産所有者は、次のことができます。

  1. 分散修繕計画の数字分析ができる。
  2. 賃貸及び建物設備維持に必要な、基本法規、民法、必要業界及び各業界慣習に関する基礎知識を持つ。
  3. 賃料収入の一部を分散修繕予算として建物設備維持と賃貸維持を行いその先の賃料収入を作る自ビルの自立したサイクルが描ける。
  4. 自ビルの賃貸マーケット及びポジショニングを把握して、必要な賃貸対策が行える。
  5. 重要工事を設計し、適切な専門業者に適切に依頼して工事プロジェクトを組むことができる。
  6. 適時分散修繕計画を見直し、突発事態に対応しながら自立したサイクルを回し続ける。
  7. 自ビルの本質的な資産価値を理解した上で、時代に寄り添ったビルのあり方を創造できる。


□内容

ご相談に応じて個別にご提案します。

□料金の目安

ご相談に応じます。