築40年以上中小ビルのあらゆる問題とリスクに

分散修繕コンサルティング

 

ビルを100年存続させる手堅い強い中小ビル経営管理を作るお手伝いをします。

 

あちらで大規模再開発は進んでいす。近くのビルが建て替えをした。リノベーションをした。ハイリスク・ハイリターンにかける建築投資の話は華々しく聞こえますが、ビル資産の本当の価値は、手堅い強い中小ビル経営管理で100年200年と代を超えて長く安定収益を続けられることです。。

築40年をすぎたら今までの経営管理に加えて、特定リスクを悪化させないこと、時代変化にしなやかに沿うことに対する感覚を養う必要があります。これらは分散修繕計画とビル経営スキルを磨くことで、養われます。

   

   

分散修繕計画について

   

手堅く強い安定したビル経営を維持できる分散修繕には次の力を高める必要があります。

   

・ビル管理を通してリスクの認識とモニターができる
・長期的な安全安心安定を設計できる専門業者に対応策を相談できる
・総合的なリスクバを考慮してバランスのよい対応の判断ができる

   

ビル経営スキルについて

   

実的なビル経営管理環境で常に失敗をしないためには、次のビル経営スキルを高いレベルで持つことが必須です。

   

・その時の賃貸マーケットで競争力がある募集賃料を設定できる。
・自ビルが選ばれる理由を理解して、少ない費用で効果的な改装を行える。
・適切な専門業者を選び、良い工事を引き出すことができる。


ご相談

具体的な賃貸、管理、建物設備トラブル、工事の問題から、今後のご不安、承継等、なんでもご相談をください。ビルを100年存続させる手堅い強い中小ビル経営管理作りの観点から、ご提案をいたします。

   

その他、どのようなことでもご相談を下さい。内容に応じて適切な専門家・専門業者をご紹介できます。