プライバシーポリシー


株式会社ビルオ(以下、「当社」といいます。)のサービスをご利用いただきありがとうございます。このプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)は、当社における個人情報の取扱方針です。ユーザーの皆さまが当社のサービスを利用した場合には、本ポリシーに同意したものとみなされます。

第1条

個人情報とは何ですか?

「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指し、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

第2条

どのように個人情報を収集するのですか?

当社は、ユーザーが当社のサービスに利用登録をする際に個人情報を収集します。

第3条

個人情報はどのような目的で利用されますか?

当社が収集する個人情報の利用目的は、次のとおりです。
ア)ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正、利用状況の閲覧を行っていただくため 
イ)ユーザーにお知らせや連絡をするため
ウ)ユーザーの本人確認を行うため 
エ)ユーザーに代金を請求するため 
オ)本サービスの利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするため
カ)ユーザーからのお問い合わせに対応するため キ)ターゲットを絞った当社のサービスの提供のため
ク)上記の各利用目的に付随する目的

第4条

個人情報は第三者に提供されることがありますか?

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
ア) 法令に基づく場合  
      イ) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき v       ウ) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき 
      エ) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき 
      オ) 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合 ⅰ)利用目的に第三者への提供を含むこと ⅱ)第三者に提供されるデータの項目 ⅲ)第三者への提供の手段または方法 ⅳ)本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
もっとも、当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合や合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合は、個人情報の第三者提供には該当しないものとします。

第5条

自分の個人情報を確認したり、訂正を求めることができますか?

当社は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより、本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合、当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合または法令に違反することとなる場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
なお、個人情報の開示に際しては、1件あたり1、000円の手数料を申し受けます。
また、ユーザーは、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。 当社は、ユーザーからこれらの請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正または削除を行い、これをユーザーに通知します。

第6条

個人情報の利用停止を求めることができますか?

当社は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨本人に通知します。
ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を要する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。
プライバシーポリシーの変更
本ポリシーの内容は、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
お問い合わせ窓口
本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

社  名:株式会社ビルオ
窓  口:info@ builo.jp
制定日 2018年8月7日

第7条

会員は、本サービスの退会を希望する場合は、当社所定の方法により、自ら当社に退会の申し出を行うものとします。
2 会員は、本サービスの退会により、退会時に自己が保有する本サービスの利用に関する一切の権利を失うものとし、当社に対していかなる請求権も行使しないものとします。
3 会員が死亡した際は、当社が会員死亡の事実を知った時点をもって退会とします。

第8条

(会員資格の停止)

当社は、会員が次の各号のいずれか一に該当することが判明した場合は、会員資格を停止または取り消すことがあります。
1 会員情報に虚偽の事項があった場合、または会員登録後に虚偽が判明した場合
2 他人または架空の個人情報を使って会員登録を行ったことが会員登録後に判明した場合
3 当社が提供する情報の著作権他、各帰属先の有する知的財産権の侵害を行った場合
4 不正の目的をもって本サービスを利用し、または他の会員もしくは第三者に利用させた場合
5 本規約に違反した場合
6 会員が、会員情報の正確な登録・変更を怠り、会員と連絡が取れなくなった場合
7 その他、当社が合理的理由をもって会員登録を承認・承諾することが不適切であると判断した場合

第9条

(外部委託)

 弊社は、必要に応じて業務の全部または一部を外部委託することができるものとします。

第10条

(知的財産権)

本サービスにおいて、会員は、弊社が提供するコンテンツに関する全ての知的財産権及びそこから得られる利益を弊社が所有することについて同意するものとします。
 
2 利用者は、本サービスおよび本サービスに関連して発生する著作物、システム等についての著作権その他の知的財産権は、弊社または弊社に使用許諾を行った第三者に帰属するものであることを確認し、いかなる目的であれ転載、複製、送信、翻訳・翻案、改変・追加等の一切の使用行為を行わないものとします。 

3 利用者が前項に違反して紛争が生じた場合、利用者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、弊社および第三者に一切の損害を与えないものとします。

第11条

(利用者の禁止行為)

 利用者は、本サービスを利用するに際し、以下の行為を行ってはなりません。 
  ① 本サービスを不正の目的をもって利用する行為 
 
② 知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為 

 ③ プライバシーを侵害 

 ④ 名誉毀損行為、侮辱行為や他者の業務妨害となる行為 

 ⑤ 詐欺等の犯罪に結びつく行為 

 ⑥ 不正アクセス行為の防止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)に該当する行為をはじめ、弊社及び他人のコンピューターに対して不正な操作を行う行為 

 ⑦ コンピュータウイルスなど有害なプログラム等を送信もしくは提供する行為、または推奨する行為 

 ⑧ その他の犯罪行為又は法令等に違反する一切の行為

 ⑨ 弊社、その他の第三者の情報を改ざん、消去する行為
 ⑩ 弊社、会員その他の第三者の設備を不正に利用し、その運営に支障を与える行為 

 ⑪ 法令、利用規約等または公序良俗に違反する行為

⑫ 本サービスの運営を妨害する行為、或いは弊社の信頼を毀損するような行為 
 
 ⑬ その他弊社が不適当と判断する行為
2 利用者が利用規約等に違反することにより、弊社が何らかの損害を被った場合、弊社は会員に対して損害の賠償請求ができるものとします。 

第12条

(反社会勢力の排除)

 会員及び有料サービス利用者は弊社に対し、次の各号の事項を表明し、保証するものとします。 
  ① 自ら、自らの役員・使用人・従業員等、親会社、子会社、または関連会社(以下総称し「対象者」という)が暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)のいずれにも該当しないこと。 

 ② 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、個別契約を締結するものではないこと。 

2 前項のほか、会員は、弊社に対し、直接・間接を問わず次の各号に定める行為を行わないことおよび今後も行う予定がないことを表明し、保証するものとします。 

 ① 自らまたは第三者を利用した、詐術、暴力的行為、脅迫的言辞または法的責任を超えた不当な要求等の行為 

 ② 弊社に対する業務妨害にあたる行為 

 ③ 暴力団等の反社会的勢力から名目の如何を問わず、資本・資金の導入および関係を構築する行為 

 ④ 暴力団等の反社会的勢力に対して名目の如何を問わず、資金提供をする行為 

 ⑤ 暴力団等の反社会的勢力が弊社及び会員の経営に関与する行為
 
3 弊社は、会員が前2項に違反していると合理的に判断したときは、何らの催告もなく、会員との個別契約を解除することができ、会員はこれに対し何ら異議を申立てないものとします。
 
4 弊社は、第3項により解除された会員が被害を被ったとしても、これを一切賠償する義務を負わないものとします。

第13条

(本サービスの変更および中止)

弊社は、利用者にあらかじめ通知することなく本サービスの内容や仕様の変更、提供の停止等の必要な措置をとることができます。弊社は、変更または停止等により利用者に損害または不利益が生じたとしても、一切の責任を負いません。

第14条

(免責)

 弊社は、利用者のPC、スマートフォン端末・タブレット端末等の電子機器の利用環境・会員の通信環境・ネットワーク環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
 
2 弊社は、利用者のインターネット接続回線や通信会社が提供する通信サービスの障害等により、本サービスの利用に支障が発生した場合であっても一切の責任を負いません。
 
3 弊社は、利用者が使用する機器、設備またはソフトウェアが本サービスの利用に適さない場合であっても、本サービスの変更、改変等を行う義務を負わないものとします。 
4 弊社ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンクまたは他のウェブサイトから弊社ウェブサイトへのリンクが提供されている場合であっても、弊社は、弊社ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して一切の責任を負いません。
 
5 弊社は、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。
 
6 弊社は、予期せぬ要因で本サービスに障害が生じた場合でも、一切の責任を負いません。
 
7 理由の如何を問わず本サービスの利用ができなくなったことによって、会員に何らかの損害が発生した場合も、弊社は一切の責任を負わないものとします。 


第15条

(損害賠償)

 弊社は、本サービスの提供に際し、会員の責に帰すべき事由により損害を被った場合、会員に対し損害賠償を請求することができるものとします。 

2 弊社が賠償する損害の範囲は、直接の結果として現実に被った損害に限られるものとし、弊社の責に帰すことのできない事由から生じた損害、特別の事情から生じた損害、間接損害および逸失利益については、弊社の予見の有無を問わず、如何なる場合においても賠償責任を負わないものとします。
 
3 弊社が本利用規約に基づく債務を履行しないことにより会員に損害が生じ、弊社が当該損害の賠償責任を負う場合、当該賠償の額は、弊社が当該会員から受領した当利用料相当額を上限とします。

第16条

(利用規約等の変更について)

 弊社は、利用規約等を随時改定する場合があり、利用規約等の改定後は、改定後の利用規約等を適用するものとします。なお、当該改定は、弊社が会員に対して本利用規約で定める通知をした時点で効力が生じたものとみなします。

第17条

(利用規約について)

 本利用規約の一部の条項が無効とされた場合も、他の条項の効力には影響せず、他の規定は有効とします。

第18条

(準拠法)

 本規約の準拠法は日本法とします。

第19条

(裁判管轄)

本規約に関連して弊社と会員との間で生じた紛争については、弊社の所在地を管轄する裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

制定日 2018年8月7日