分散修繕コンサルティングこのような方のためのサービスです

  • 自主管理・自社管理

  • 築30年以上

  • 中小ビル・マンション所有者・後継者

  • 建物設備の工事で判断に悩んでいる。困っていることがある

中小ビル・マンションの分散修繕取り組み


重要工事を判断できるために

工事が必要と言われているが、どうすべきかわからない。
○○業者はこう言った・・・××業者はこう言った・・・。

では、古い建物資産維持は難しいでしょう。判断を他人任せにしたいのであれば、大金を支払いリノベーションや大規模修繕・設備改修工事等の建築ソリューションを行なってください。資金的に無理なく経済的に分散修繕に取り組むには、

  • 重要工事の判断が適切にできる

ことは必須です。重要工事の判断が適切にできるためには、

  • 建物全体で、どこの改修が必要かわかる

  • その工事は今必要かわかる

  • 資予算の準備はできている

必要があります。

これがわかるためには、ビル・マンション所有者は事前に次を把握しておかなければいけません。

  • 今後30年で自ビル・自マンションに何の建物設備機能の延命更新等が必要か

  • 今後30年でどの程度の賃料収入が見込め、どの程度の建物設備工事予算を確保できるか

  • それらを踏まえて、どのような方針で優先順位や資金配分を考えるか

ビル・マンションの将来に正解はありません。けれどもすべての決定は自己責任です。ビルオの分散修繕コンサルティングは、中小ビル・マンション所有者が、築50年の壁を越えるために欠かせない適切な検討に基づく適切な工事・賃貸の判断力を身につけるお手伝いをします。

もっと詳しく話を聞く


ビルオの散修繕支援

ビル・マンション所有者が築50年の壁越えに欠かせない適切な工事判断力を身につけていただくために、ビルオは次の3つの検討と理解をお手伝いします。

次の30年の

1 建物設備工事予算を把握

今後30年で建物設備延命更新にどの程度の資金をかけられるか、主に今後の賃料収入予測で決まります。築古物件でも、適切に維持され、地域の賃貸マーケティング及び自物件のポジショニングが適切であれば、テナントは入ります。現在テナントがいつ退去するかはわからず、成約賃料は様々な要因で決まりますが、合理的な分析があれば、都度修正をすることができます。

.

2 必要な建物設備工事を把握

建物設備がどのような状態かの正確な把握は、専門業者の仕事です。しかし経年とともに劣化トラブル及び劣化事故リスクが上昇する設備機能は客観的に把握できます。また現在の使用者の要求に適合していない設備機能も客観的に把握できます。


.

3 適切な予算の配分方針を見出す

建物設備の延命更新を具体的にどう実施するかは、専門業者が決めます。しかしその前に実施の判断は、所有者の役割です。例えば漏水事故のあった排水管を、建物品位を守るために直ぐに更新するか、安かろう悪かろうで多少のトラブルを我慢してもらうとするかは、所有者の方針次第です。分散修繕計画は、予算配分の基礎となる方針を見つけます。

分散修繕計画は、部分部分の完成の集合ではなく、ラフな概要から全体と細部を何度も繰り返し見直すことで、精度が上がっていきます。

.

ビルオの分散修繕計画コンサルティング

ビルオの分散修繕計画作成支援の目的は、ビル・マンション所有者が適切な工事判断ができるようになる事、そのための必要予算を準備できることです。ビル・マンション所有者の判断力を育てます。

もっと詳しく話を聞く

電気・給排水等インフラ設備更新工事支援  

ビルオは、中小ビル・マンション所有者の重要な設備工事・電気・給排水等インフラ設備更新工事プロジェクトに際して、適切な助言・事前準備マネジメントの提供を行っています。詳しくはお気軽に落ち合わせください。
.
  ビルオの電気・給排水等インフラ設備更新工事取り組みプロセス


良い提案をくれる専門業者を探すのではなく、適切な専門業者を選び、良いを引き出すために、適切なプロジェクトマネジメントを行います。

もっと詳しく話を聞く