ビルオ紹介

日本の中小ビル100年時代へ

ビルオのミッションは、日本の中小ビル100年時代の実現です。 特別難しい話ではなく、ヨーロッパや世界では築100年200年のビルはまだまだ現役です。 ビルオは、ヨーロッパや世界の中小ビル所有者が当たり前に行っている分散修繕を日本の中小ビル向けに使いやすく提供します。そしてスクラップアンドビルドからSDGs時代にふさわしい本物のサステナビリティを実現します。

株式会社ビルオ
 代表取締役
 江本 真弓

日本で唯一の築古中小ビル経営の専門。ロンドン大学King's College 物理科卒業。20年以上イギリス人、フランス人、ドイツ人等友人達の古い建物所有と維持管理を見て古い建物の持ち方に精通。 日本で人工知能研究を経て元J-REIT不動産アセットマネージャとして日本全国200棟以上の中小ビル・マンションの収益改善、設備更新工事等を数多く経験。日本のビルも欧州同様に長く持つべきと株式会社ビルオ設立。

ビルオへの道

「リフォーム?バリューアップ? さっすがお金持ち日本人は言うことが違うわね!!」

江本はロンドンの大学時代にイギリス人のみならず様々な国や人種・文化背景を持つインターナショナルな友人の輪に恵まれました。
ロンドンのようなコスモポリタンな街の大学では、イギリス全土からのみならず世界中から人が集まっています。ヨーロッパ各国の出身者はもとより、中国人、インド人、中東諸国の人、アフリカ諸国の人、南米各国等・・本当に世界中からです。また国籍はイギリスでも元の人種はフランス人、ドイツ人、イタリア人等ヨーロッパ各国系、 中国系、インド系、中東系、アフリカ系その他様々な背景を持つ人たちがいます。さらにハーフ・クオーターがいます。人の移動も激しく、在住国もしばしば変えます。
世界中の誰にとっても、異文化の人たちとの議論は、新しい気づきをもたらし、視野と思考を広げてより適切に自分と社会の問題を解決するために欠かせないものです。だから学生時代からのインターナショナルな輪は、大学卒業後に皆が世界中に散らばってもインターネットで繋がり続け、お互いに知見を持ち寄り率直な話を続けていました。

前置きが長くなりましたが、大学を卒業して数年も経った頃、気がつくとインターナショナルな友人の輪の会話に、やたら建物設備修理の話が増えていました。イギリス人のみならずフランス人、ドイツ人もですが家の資産や仕事を得てすぐに取得したフラットがみな古い建物のため、しばしば大きな設備更新工事が必要になるのです。それも日本人の感覚でのリフォームやリノベーションとは全く様子が違います。内装工事はかなりを自分でやります。設備更新や高度な工事・・ボイラー交換、セントラルヒーティング交換、排水ポンプ修理、サッシ交換、外壁塗装、屋根の雨漏り補修等・・は業者を探しては交渉をして仕事をしてもらっています。 業者とのトラブルも多く大変そうなため、つい日本人の感覚で、管理会社に任せないのか?バリューアップリフォームはしないのか?と口を出していたところ、とうとう実家が資産家の友人に言われた嫌味が、「さっすがお金持ちの日本人はいうことが違う」です。
皮肉文化はイギリスやフランスのお家芸だからそこは気にしませんが、ひっかかったのは自分がなぜそのように言われたかわからなかったことでした。しかも他の友人たち、例えば近い感覚を共有しているシンガポール人や香港人たちでさえ、その通り、と思っている様子です。
そこで日本人のビル観マンション観に疑問が生じはじめました。そして本で某J-REITの不動産アセットマネージャとして、200棟以上の様々な築年数の中小ビル・マンションの経営改善に携わると同時に、イギリスやヨーロッパ各国、世界の友人たちとビル観について様々な話を重ねるようになった次第です。 マネージャとして多くの中小ビルに関わった結果、 ようやく嫌味の意味を理解すると同時に、想像以上に複雑で底深い問題があることが分かってきました。

何がブレーキをかけているのか?

日本のビル・マンション寿命が短い理由は、日本人が「ビル・マンションの寿命は40年弱」という思い込みに囚われているからです。
「欧州の古い趣ある街並みに憧れると多くの日本人は口を揃えて言います。ヨーロッパでは古いビルが素敵でうらやましいと、多くの 日本人ビル所有者が言います。しかし建築基準法が厳しい日本の建物は、中小ビルでもしっかり建てられています。そこで「日本のビルも100年以上もちろんもちますよ。ダメになる理由はこうで、こうすれば大丈夫ですよ。」と説明をしても、多くの日本人は「だといいですね・・。」夢物語のようにふんわりと意識を逸らしてしまいます。 または、日本は地震国だから無理ですよ。等できない言い訳を初めてしまいます。
日本は確かに地震国ですが、旧耐震基準建築ビルが倒壊する規模の大地震は局所的に数百年に一度、千年に一度です。またこれは環太平洋国に共通する問題です。例えば日本より大地震が頻発するメキシコでも、だからビルの寿命とは言ったりしません。

一つ一つの理由を冷静に考えると、どれもビルを長く維持できない決定的理由でありませんが、「ビル・マンションの寿命は40年弱」という思い込みから出ることに、非常に強いブレーキが働くようです。建設業界主導のビル再生やリノベーションも本質解決とずれており、ブレーキの一貫です。

何がそのようなブレーキを作っているのでしょうか?
何を恐れているのでしょうか?
ビルオは、この問題に正面から取り組み、日本人から「ビル・マンションの寿命は40年弱」という思い込みの枠の外に連れ出します。

日本は既に人口急減少基調にあり、社会経済の先行きも不透明な、建替え投資は不適格時代です。せっかく景気の良い時代に建てたビル・マンションをさっさと壊しては、個人も街も社会も資産維持ができません。だから「さっすがお金持ち日本人」と嘲られます。そして現在は、SDGs(持続可能な開発目標)の時代です。スクラップアンドビルドでは、個人も街も社会も持続できず滅びると警告されている時代に、いつまでもスクラップアンドを続けてはいけません。

ビルオは日本のビル・マンションにヨーロッパや世界では一般的な分散修繕を導入します。それによりヨーロッパ同様に築年数を重ねても華美ではなく適切に維持手入れをされ、その結果日本の多くの市街地で、建物が古くても趣ある街が実現できるようにすることで、SDGs時代の個人と街と社会が持続できる日本へと導きます。




.

ビルオ概要

会社名 株式会社ビルオ
代表取締役 江本 真弓
事業内容 中小ビル経営コンサルティング ビルオの運営
所在地 東京都渋谷区渋谷2−2−17 3F
設立 2015年11月




.