築40年以上中小ビル所有者を支援する

ビルオについて


日本の中小ビル100年時代

従来の古いビルはいずれ建て替えだから、と問題を先送りする考え方ではなく、サステナビリティだから今ある古いビルを壊して新しくサステナビリティのビルを建てるという考え方ではなく、 価値ある現在のビルを大切に長く使い続ける事を前提とした、築40年以上中小ビルの分散修繕による賃貸、管理、工事、経営、所有のメソッドをビルオは開発しています。 そしてビルオはそれらを助言、コンサルティング、コーチングの形で1人1人の中小ビル所有者様に合わせて、ご提供をして参ります。


いずれ再開発・建替え・買換えをお考えであれば、ビルオは必要ありません。
建替えや買換えは考えず現在のビルを大切に長く使用したいと考えているが既にビルが築40年を超えて様々な問題に直面しているビル所有者様及び、 相続・承継も踏まえて現在のビルを大切に長く使用するための確信をお求めの全ての中小ビル所有者様にと

ご所有ビルは、長く使用収益できる価値ある貴重な資産です。これからの厳しい時代にこそその資産家価値は生きます。 その貴重な資産価値を大切に長く生かすために、ビルオは次の方針でサービスを開発及び提供しています。



築40年以上中小ビルの分散修繕メソッドの開発

分散修繕は、ビルの築50年築100年は十分に現役である世界の中小ビル所有者にとってごく一般的なビルの維持方法です。リノベーションは特別な投資です。一般中小ビル所有者のものではありません。 また日本でも、既にJ-REIT等では合理的なアセットマネジメントとしての分散修繕ノウハウが確立されてきています。 築古ビルは賃料収入が減少する一方で、インフラ建物設備機能も経年劣化して大きな重要工事が必要となります。経済的に無理なく大きな工事を成功させる分散修繕メソッドが欠かせません。 ビルオは、日本の中小ビル所有者が築古ビルの問題を解決してビルを長く持てるための分散修繕メソッドを開発しています。

・自立した築古ビル経営モデルの確
・築古のマーケティング賃貸の確立
・経済的かつ確かな建物設備機能更新等工事メソッドの確立

分散修繕とは



中小ビル所有者の自立したビルを持ち続けられる力を高める

ビルオでは、築40年以上中小ビル所有者の問題解決を通して、ご自身で問題を解決しビル資産を持ち続けられる力と自信を高めるサービス開発に取り組んでいます。 不動産屋や建設業者や様々な専門業者を含めて古いビルを維持する考え方が確立していない日本では、ビル所有者側のより強いビルを持ち続ける自信が必要となるからです。




ビル資産を長く持ち続けるための問題を包括的に解決ができる

従来の相続対策は相続税軽減が主眼だったため、ビルが古くなることで賃料収入現象による借入金過多や、共有・資産管理会社として資金不足や合意ができないことで、 必要な建物設備機能の更新工事ができず、ビルの資産価値を損ない、持ちきれなくなるビルが少なくありません。税理士や司法書士や弁護士は、古いビル資産の特徴を知らないため、所有者側から依頼をしなければ適切な文面を作成することができません。ビルオはビルを長く持ち続けるために欠かせないこうした問題に対する解決ノウハウを蓄積しています。そして包括的な問題解決メソッドを開発しています。また同時に後継者の育成にも力をいれています。