ビルオ紹介

ビルオは日本の中小ビル100年を実現します

ビルオのミッションは、日本の中小ビル100年所有の確立です。 世界ではビルは100年200年が当たり前ですが、日本では未だ40年で寿命が言われます。理由は、築40年以上の所有と経営が確立されていないからです。 日本の建築技術は耐震技術も含めて世界でも優れていますが、従来建物を長く使う文化がないまま、建設業界、不動産業界、関連業界の利益主導で進められてきた都市の鉄筋コンクリート化は、 責任者である所有者側に建物を長く持つ文化・ノウハウが育たないまま、昭和経済成長期の感覚で、少し古くなると木造建築と同じ感覚で建替え再開発が言われ続けています。これでは今後の日本の社会は持ちません。 ビルオは、日本の築古中小ビルの所有と経営を確立し、世界同様に建物を100年200年持ち続けられる日本を作ります。

0 Years of Experienced
0 Happy Clients
0 Finished Projects
0 Working Days

株式会社ビルオ
 代表取締役
 江本 真弓

日本で唯一の築古中小ビル経営の専門。ロンドン大学King's College 物理科卒業。 20年以上イギリス人、フランス人、ドイツ人等友人達の古い建物所有と維持を見ており、欧米および世界の築古ビルの持ち方を理解。同時に日本で元J-REIT不動産アセットマネージャとして日本全国200棟以上の中小ビル・マンションで欧米手法を取り入れ、築年数に関係なく安定経営を実現。日本の中小ビル100年を目指し株式会社ビルオを設立。



ビルオへの道

「リフォーム?バリューアップ?」 「さっすがお金持ち日本人は言うことが違うわね!!」

古いビルのあちこちの修繕工事や手入れに苦戦している友人達に、日本人の感覚としてどうしてリフォームしてバリューアップしないのか?と質問をしていると、嫌味を言われました。どうも他の友人達も同意しているようです。ところがし悔しいことに、私はなぜ嫌味を言われているのかわかりません。そこでビルを持つことについて、日本人が何か知らない重要な事何かがあることに気がついたのでした。

1995年にロンドン大学King's College 物理科を卒業後、江本は日本に帰国して就職、大学時代のイギリス人のみならず世界各国出身の友人達も、世界中のあちこちに散らばりましたが、時はちょうどインターネット時代の始まり、インターネットメールで繋がり、相変わらず何でも話をしていました。仕事探し、新しい仕事、上司、職場の人間関係、家族問題、恋愛等・・愚痴のタネは尽きません。それが卒業後4−5年たった頃でしょうか、気がつくと部屋や建物設備の修繕工事の話や愚痴が増えていました。友人の多くは、自然科学系で教養を重視する資産を所有しているミドルクラスの家の出身です。また欧米でも世界でも意欲の高い人は、仕事が決まると古いフラットを安く買い、自分で住みながら手入れをして資産作りを始めます。イギリス、フランス、ドイツ・・どこも築50年では新しい方、建物が古いため問題が多く、友人達の話も、ボイラー交換、排水ポンプの交換、不明な漏水原因探し、断熱性向上、キッチン交換、屋根修繕、外壁塗装・・・・誰もが一つ一つ問題を検討し、時間をかけて計画し、時間をかけt業者を探し、仕事をしてもらい、時にやり直しをさせ、時に保険を請求し、20代の女性がやるには明らかに大変な苦労です。誰もが当たり魔の顔をして立ち向かっています。普段は気弱なタイプの友人でも、業者相手の交渉には引きません。

日本人の江本には、何故そんな苦労をしているのか、全くわかりません。家に手を入れるといえば、せいぜいリフォームしか思いつきません。それでリフォーム・バリューアップといったせいぜい知っている単語を口にして、何故リフォーム業 者を使わないのか、その方が楽ではないか、聞いたところ言われたのが、冒頭の嫌味です。

そこから彼らの取り組みをより丁寧に見ると共に、自らも日本でJ-REITでの不動産アセットマネージャとして日本全国200棟以上の中小ビル・マンションに向き合いました。ビルの躯体は丈夫です。40年やそこらでは劣化しません。建物設備は全てが一度に劣化するわけではありません。欧州の友人達のように必要な順番に一つ一つ丁寧に対応をすれば、特別潤沢な予算がなくとも、十分に維持できます。リフォーム等のアップサイドがなくとも、ビルと賃貸マーケットにしっかり向き合えば、築年数にかかわらずテナントは入ります。旧耐震基準だから耐震性がないわけではありません。日本で考えられているビルの寿命観とは全く違います。 

また同時に友人達を訪ねて欧州や世界のあちこちの街を訪れ、気がつくようになりました。街の中に様々な年代の建物が混在しています。良い時代に建物を建て街を拡大し、そうではない時代には良い時代の建物及びインフラを維持して守る。 その積み重ねが街の個性と趣を作っています。一般の中小ビルは、立派ではありませんが綺麗に維持されています。維持コストがかかるから、逆に華美や過剰な設備はありません。ビルとは、丈夫な躯体を生かし、時代に合わせて設備機能を変化させながら時代に沿って存続する建物なのです。良い時代の産物であるビルを維持することは、単に個人資産維持及びモノのサステナビリティに留まらず、 街と社会、文化のサステナビリティです。

日本では、相変わらずビル・マンションが築40年で寿命と言われ、東日本大震災後には築30数年の旧耐震基準建築全てが建替えムードになる等、ビルに対する根本的な理解と認識が育っていません。しかし、日本も昭和の繁栄はとっくに終焉し、これからは人口急減少とそれに伴う社会経済縮小の時代に着実に向かっています。今こそ本物のサステナビリティが必要です。そこで日本でも建物を長く持つ文化を作るべく、ビルオを設立しました。




.

ビルオ概要

会社名 株式会社ビルオ
代表取締役 江本 真弓
事業内容 中小ビル経営コンサルティング ビルオの運営
所在地 東京都渋谷区渋谷1−17−1 3F
設立 2015年11月




.